阪神間の不動産情報・住宅・マンション・土地の売買・賃貸・管理のご相談は アシスト芦屋 へ!

管理会社をお探しのオーナー様

アシスト芦屋の優位性について

不動産管理業界が抱える構造的な問題と当社の体制を比較して、その優位性を示します。

不動産管理業の問題 自信のある当社の体制
① 担当者ごとに情報が属人化

 不動産管理業の問題

担当者が社内にいないと常に「担当者より折り返します」と返答されてしまう。

 自信のある当社の体制

「物管クラウド ™」の導入で仕事の属人化を解消!担当者だけではなく組織として応対ができます。
② 協力業者への下請け構造

 不動産管理業の問題

大手管理会社ではオーナーからの受託作業をほぼ外注。外注先から下請け、そのまた下請け…という構造になりがちです。

 自信のある当社の体制

地場の職人、中小会社に直接発注します。進捗管理は当然当社です。
③ 対応業務範囲の広さ

 不動産管理業の問題

大阪~京都~神戸に及ぶ広範囲で管理物件を持つので巡回業務は大丈夫?緊急時は外注が主になりがちです。

 自信のある当社の体制

当社より30分圏内しか管理受注しません。物件に近い管理者は入居者様にも安心頂けます。
④ 情報伝達ツールの遅れ

 不動産管理業の問題

いまだにFAXおよび携帯電話でのやりとりがメインとなりがちです。

 自信のある当社の体制

オーナーとの連絡は「Line Works ™」で連絡可能!すぐに写真を送り問題解決できます。
⑤ 地場系高齢不動産業者との過去からの関係

 不動産管理業の問題

「先代よりお世話になってるから」というお付き合いで管理業務の内容は20年前から進歩がない…となってませんか。

 自信のある当社の体制

大切なのは「迅速に対応できるか」業務改善や人材に投資している会社にお任せください。
⑥ 担当社員の残業と教育不足

 不動産管理業の問題

アナログで非効率な業務で残業も。勉強や会合に出る時間もとれずに新しい知識を得る機会も不足ぎみ。

 自信のある当社の体制

効率的に作業ができるので当社の管理スタッフはほぼ定時で退勤します。資格取得による社員のスキルアップを応援しているので有資格者が多いです。
①地元に根差した創業25年の歴史
1995年に開業。2004年本社ビルに移転。2010年にダイヤ商事が廃業することになり、その業務を引き継ぎ 賃貸・管理部 を設立しました。
会長の新谷勝彦は兵庫県宅地建物取引協会、副会長、芦屋西宮支部長、また芦屋商工会副会長等、地域の要職を歴任し、業界の発展に尽力いたします。
社長の新谷有宏は2013年に入社し、IREM西日本支部副支部長、CCIM2020年度会長など不動産投資団体の理事を務めております。
各種団体に責任者として参加することで全国各エリアの業者動向や最新情報を入手し、新しいノウハウをオーナーに還元しております。
②営業社員は全員有資格者でCPM保持者2名
当社社員は役員2名、営業社員4名、事務社員3名の9名体制で運営しております。
役員と営業社員の全員が国家資格である宅地建物取引士の保持者ですので、仲介(媒介)契約を単独で締結できます。
また国家資格化が予定されている賃貸不動産経営管理士も管理担当者の全員が取得しております。
さらに不動産経営管理の最高峰資格であるCPM®( Certified Property Manager: 米国認定不動産経営管理士 )も2名保持しており、「物件の資産価値向上」を体系的にコンサルタントすることが可能です。
他社の賃貸客付け仲介業務をメイン事業とする管理会社もございますが、管理業務は専門知識と経験が必要です。 当社は社員全員が5年以上の実務経験を有しており、管理品質向上が実現可能です。
③管理物件はすべて車で30分以内
管理物件で最も大事なものはトラブル対応です。 当社は車で片道30分以上かかる物件は管理をお断りしております。
また24時間対応サービスも導入しており、緊急時の初期対応も可能です。
オーナーの資産を守るには客付けだけではありません。 「良い管理で退去を防ぐ」ことも非常に重要です。
何より迅速かつ軽いフットワークで初期対応をすることでご入居者様に安心していただき、オーナーの代理として素早く業者手配をすることでスピーディーな問題解決を可能としております。

管理プランの詳細はこちら

アシスト芦屋が強い理由

アナログによらない様々なITツールで情報武装しています!
これにより迅速な体制の実現や情報精度の向上、過去に発生した案件を情報資産として蓄積することでオーナー資産を守ります。

賃貸管理業務支援ルーツ『物管クラウド ™』の利用

電話受付や修理対応やその経過を『案件』としてクイックに記録や閲覧ができるクラウドシステムです。
時間と共に変化する案件の進捗状況を社員全員がリアルタイムに、社内・外出先のどこででも確認することができる社内体制を実現しています。
急なお問合わせ電話があっても物件の担当者しか分からないことが少なく、事務社員でも現状をすぐ確認できるので迅速な対応が可能です。
修理などの進捗状況もこのシステムで管理していますので、手配ミスなどもなくご安心頂ける管理サービスをご提供致します。

SNS連絡ツール 『LINE WORKS ™』の利用

オーナーが日常利用される「LINES ™」との間で連絡が可能です。
当社側で使用する『LINE WORKS』は業務用のためセキュリティが強化された「LINE」ですので安全にご使用頂けます。
オーナーおよび社員全員で情報の共有が可能です。
「電話がつながらず折り返し待ち…」となって無為な連絡待ち時間を削減することで、迅速な対応で入居者の満足度向上に役立ちます。

会計システムもIT化で効率化!当社は月末から稼働日2日で会計を締めています!

賃貸革命™

賃貸管理™の基幹システムで集金管理
賃料等の情報は自動的に集金情報管理
初期登録は必要

ミロク会計システム™と自動連動

当社会計システムと賃料管理システムが連動
二重入力を徹底的に排除

各種保証会社と自動連係 JID・いえらぶ

保証会社からの入金情報は自動消込
また毎月の請求情報も機関システムより出力

自動引き落としシステム アプラス

保証会社に加入していない契約(駐車場等)は銀行自動引き落としシステムを利用。極力、お客様の振込はお断り。(大手法人契約は例外)

銀行一括送金システム

家主への送金も一括送金システムを導入
機関システムの出力データから送金データ連動

空室の客付けも問題ありません!

Q:やはり大手賃貸仲介専門会社の方が?
彼らは自社管理物件を優先に営業します。 なぜなら管理オーナーから契約時手数料が取れ、加えて入居者からも仲介手数料が獲得できるからです。 反面、業績連動給のため「他社の物件を紹介しない」傾向にあります。グループ全体で自社物件客付けの誘導を奨励しています。
彼らのビジネスモデルは空室が長期化しても問題ありません。 手数料で回収します。 そのため、非常に値引きした管理手数料を提示することが多いです。 ただ、管理の質が高いと聞いたことはなく、彼らはフランチャイズのため品質に大きなばらつきがあります。
対して、当社は「他社付け」がメインです。 むしろ空室情報は速やかに「レインズ」という不動産業者の物件情報システムで公開します。 また、SUUMO等の大手広告サイトにも出稿します。
そのため、賃貸仲介専門業者とも良好な関係を構築しており、当社がしっかりとした管理と契約書類を作成し、彼らが仲介手数料を取るというすみわけができております。
そのため、しがらみ無く当社の物件を紹介していただけます。
Q:では客付けに強みはあるのか?
物件を決めるのはお客様です。 そのためには掃除や清潔感のあるリフォームを計画的に実践することで「物件の価値」を上げることが何より大事です。
物件の価値を上げ、「正しい価格設定」で募集をすれば自ずと部屋は埋まります。空室が長い物件は正しい対策が講じられていないだけです。 そのような提案ができるノウハウは、経験と地場の市場を知っているパートナーが必要です。
その点において、当社は数多く管理しており経験も豊富にあります。 しかもすべてオーナー側に立って実践しております。 具体的には、オーナー目線に立って予算を考えながらリフォームを提案し、募集賃料とのバランスを見ながら募集方針を提案の上で決定します。
この点においても、エリアを絞って業者も顔がわかる対応ができるため、具体的な提案を迅速にすることができます。

当社のサービス内容

お悩み相談・コンサルティング

資産に関するご相談はなかなか人に言えず、また不動産屋さんに相談すると売る話に誘導されそうで…。 というお客様が当社にご紹介で良くご来店されます。
ご相談内容としても多岐にわたり、建替や相続に関するものだけでなく、離婚における財産分与や借地に関する権利関係などもございます。
場合によっては弁護士、税理士、司法書士などをご紹介して協業して対処に当たります。
一度、ご相談だけでもいらしてください。お悩みを軽くするお手伝いをいたします。

不動産管理

賃貸管理は地元密着だけでなく、人やシステムに投資をし、成長している会社を選ぶことで大切な資産をお守りできます。
当社は車で30分以内の物件しか管理を受けておりません。また地元の中小業者との信頼関係で迅速且つ適正価格でのクレーム対応が可能となっております。
空室を埋め、長く入居者に留まっていただけるよう、客付けは大手も含めて広く依頼をかけ、物件自体の魅力を引き出すリフォームを実施し、迅速なクレーム対応ができる体制を整えております。
一度ご相談くださいませ。

居住用物件売買仲介

芦屋は「東の田園調布、西の芦屋」といわれるぐらい高級な住宅が立ち並ぶ街です。 そのため相場においてもエリアや接道で特殊性がかなりございます。
中でも非公開で取引されるケースが多く、そのためには地場での情報獲得やネットワークが必要となります。
売却の際には、様々なパターンの試算を実施し、お客様にご納得いただけるまで価格設定、売却方法、前後の段取りなどを一緒に練り上げます。
購入の際には、購入予算やローン試算から、シミュレーションを実施し、より最適な物件が出てくるまでお付き合いさせていただきます。
芦屋で自分にあった物件と出会う、もしくは納得のいく売却にこぎつけるためにサポートさせていただきます。

買取・開発・再生

ご相談いただいた物件を買い取らせていただくサービスです。仲介手数料をお支払いして不動産業者の情報より買い取らせていただいたケースも多くございます。
事例として、手入れの行き届いていない収益物件をリノベーションで再生したり、買い手のつきにくい相続住居を現況のまま買い取らせていただき、解体後、更地として開発し売却した事例などございます。
一般の方に売るより買い取り値段は落ちますが、売主にとっては解体費用などのリスクを軽減することができ、迅速に取引ができるためメリットも多くございます。
お気軽にご相談、ご依頼くださいませ。
※不動産業者からのご提案も歓迎します。

資産相談・投資判断
(処分・組替・維持)

保有されている収益物件の現状分析と将来に向けての方針を策定するサービスです。
現状のキャッシュフロー、残債、物件価値から総合的に最適な資産運用方法を分析、ご提案致します。
本対応には物件の収益率を計算する方法について熟知しているCPM®、CCIM資格者が対応いたします。
今の物件の価値、利益が出た場合の税務戦略等、幅広くご相談に乗りますのでお気軽にご連絡ください。

投資物件売買

投資用物件をご紹介いたします。
投資用物件売買はファイナンス付けや物件の管理状況詳細を把握するなど高度な専門性が必要とされます。
その点において、収益物件売買専門の担当者がおり、CPM®資格者がその対応に当たるため、安心して情報を確認できます。
芦屋という資産家の多い土地柄、売却のご相談も所有者よりいただいており、その大半は非公開情報です。その物件情報もクラウド化した会員限定のシステムで限定で迅速にご紹介することが可能です。
また、購入希望のお客様もおられますので売物件の情報提供も歓迎いたします。

当社ビジョンの詳細はこちら

アシスト芦屋からのお知らせ

当社の営業に関することやイベントなど広報関係を掲載致します。

売買情報ブログ

成約事例などのや売買物件情報に関する新規告知を提供致します。

芦屋資産塾

資産形成に関するコラムやセミナーなどお役に立つ情報を提供致します。

アシスト芦屋 社長のブログ

ニュースレターの内容などを発信するコラムを発信致します。

アシスト芦屋賃貸管理部の日々是々

スタッフによる賃貸管理の日常で気づいたことや面白かったことなどを発信致します。